【楽天市場】 新スマートフォントップページについて徹底解説!!

投稿日: カテゴリー 一覧

2022年4月18日より楽天市場 のRMSの仕様変更が行われ、新たにスマホトップページ専用の「デザインエディタ」がリリースされました!

新たなデザインエディタで作成した新トップページ(以後『新スマホトップ』)は、
これまでと異なるデザイン・レイアウトになります。

今回リリースされた新スマホトップは、
楽天市場に出店している全ての店舗が対象になります!
どんなショップも今回のリニューアルは対応しなければならないので、
是非この記事を読んでリニューアルに対しての対策を考えてみて下さい!

💡RMSスマホトップのリニューアルって?

「そもそも楽天市場のスマホトップのリニューアルって何のこと?」
「なんでリニューアルしなければいけないの?」
と思う方も多いと思います。

そんな方のために!
まずは今回のリニューアルについて概要をご説明していきます。

🔶何が変わるの?

・RMSに新たにスマホトップページ専用の「デザインエディタ」がリリースされた
(2022年4月18日)

・「デザインエディタ」で作成した新スマホトップはこれまでと違う
デザイン・レイアウトになる

・新スマホトップに移行すると、これまで使用していたスマホトップ・楽天GOLDで作成したトップページは使用できなくなる
※スマホトップページ以外の場所での楽天GOLDで作成したデザインは引き続き使用可能です

🔶何のために変更するの?

今回のリニューアルについて、楽天市場の発表では、
「統一性」と「多様性」というキーワードで説明されています。

まずはショップ間の基本構造、ナビゲーションやレイアウトを統一することで、
ユーザーのサービス学習負荷を下げ、ページ内の回遊性向上が見込めるようにします。

どんなショップも必要なコンテンツが共通したナビゲーションで共通の場所にありつつ、
その中で個性を出せるように加工可能な仕様になっています。

「統一性」の部分では、アプリ版のページ上部に共通エリアに下記のユーザーがよく見る
コンテンツがタブでまとめられていて統一感があります。

「多様性」の部分では、使いやすいエディタがRMSから利用でき、
楽天GOLDでテクニックを駆使したり、外部サービスを利用したりして表現していた上級者向けの構造が、標準で誰でも使えるようになったと考えて良いでしょう!

メリットデメリットありますが、「〇〇ができなくなる!」とばかり考えずに、
やれる範囲でやれることをちゃんとやれば、
思ったよりも
ちゃんと個性が出せるページが作れる印象です!

🔶変更したらどうなるの?

スマホのトップページが大きく2つのエリアに分かれます。

共通エリア

全店舗のトップページ上部の統一化
ユーザーが楽天市場でお買い物をする際にどの店舗のトップページにおいても知りたい情報を一目で確認できるようになり、ページ回遊率の向上します。

パーツ編集可能エリア

パーツを組み合わせて店舗ごとの個性を表現
様々なパーツを組み合わせて店舗様の個性を表現することができます。

パーツに関しては順次新しパーツがリリースされる予定だそうです!
・注目キーワード
・おすすめ商品
・クーポン etc…

💡新スマホトップでできること

🔶直感的にデザインができる

画面操作のみで直感的にページデザインを作ることができるようになります。
HTML/CSSの知識がなくても操作できるようになります。
「画像」や「テキスト」など用意されたパーツを組み合わせて、
デザインを構築していきます。

☆楽天市場以外に自社ECでShopify を利用されている店舗様はShopifyの使い方をイメージしてください!

🔶プレビュー機能で画面の表示を確認しながら編集ができる

🔶スライドショーが簡単に作れる

「画像」パーツを使えば、知識がなくても簡単にスライドショーを作成することができます。

🔶アプリ/スマホのTOPページを一括反映できる

🔶バナー追加などの更新予約ができる

ページ全体の構成について、更新を「予約」することができるようです!
しかし、予約できるのは「ページのレイアウト」のみとなるのが注意です。

パーツ自体の「追加・削除」を予約することはできますが、
パーツの中身を「更新する・追加する・削除する」予約はできないようです。

 ☆できる 
  今までなかった画像パーツの設置を予約する
 ☆できない
  すでに設置されている画像パーツへ、新しい画像の追加を予約する

💡新スマホトップでできないこと

🔶HTML/CSSを使用できない

現時点では「HTML/CSS使用をできるパーツ」はないようです。

基本的に画像やテキストは、用意されているパーツを使って配置するようになるので、
好きなレイアウトを組んだり、色をつけることはできないと考えられます。
※もちろん、iframeタグを設置することもできません。

🔶背景色などのカスタマイズができない

背景色は白で統一となるようです。
PCのトップページのデザインが白以外のカラーにされている店舗様は
スマホトップページと完全に見た目を一致させることはできなくなってしまいます。

💡注意点

🔶移行したら戻れない

大事なことなので、注意してもらいたいです!
一部現行のスマホトップページを楽天GOLDで作りこんでいる場合、
新スマホトップに移行すると戻せないので注意して下さい。

特に、ファンを抱えているショップには現行のトップページの使い勝手が良いと考えているユーザーも多いはずです。
対策としてあらかじめ「〇月〇日 新トップページへ移行します」といったご案内表示しておくのもいいですね!

💡移行までのスケジュール


【詳細は楽天市場で必ずチェックしてください!】
店舗運営Navi(マニュアル)

🔶旧スマホトップ

2022年 4Q(10-12月)まで利用可能
その後は利用不可

🔶楽天GOLDで作成したスマホトップページ

2023年 下半期(7-12月)に終了予定

🔶新スマホトップ

2022年 4月18日よりリリース
2022年 第三四半期頃 追加機能リリース予定
2023年 上半期 追加機能リリース予定

スケジュールについて、未だ明確に決まっていない部分も多々あるようですので、
必ず詳細はその都度RMS側で確認してください

また、スケジュールをみて2023年の年末までに変えればよいと考えているショップは注意が必要かもしれません。
もし現在、楽天GOLDで作りこんだスマホトップを使用していた場合、新着再販の準備や、姉妹店や楽天GOLDからの画像の引っ越し作業が結構大変なので注意する必要がありますし、制作ツールを利用しているショップは、本当に今すぐ必要かをこのタイミングで検討しても良いと思います。とはいえ、今のスマホトップのデザインが使い勝手が良いと考えているのは一部のファンやリピーターだけかもしれません。

これから徐々に新スマホトップに移行するお店が増えていくことが考えられるので、出遅れてしまうと、いずれ使いづらいスマホトップのお店に変わってしまう可能性があります。
リピーターの多いお店はすぐに変える必要がなくても、意外と早いタイミングで変えたほうがよくなることも想定しておくと良いのではないでしょうか?

💡最後に

いかがでしたでしょうか?

楽天市場のスマホトップのリニューアルについて解説してきました。
今回のリニューアルは楽天市場に出店している全てのお店が対象となっているので、
出店者にとっては避けては通れないことになります。

しかし!
最近ではネットで買い物するのは基本はスマホという人が多くなってきているので、
これを機会に新たにスマホのトップページをデザインそのものをリニューアルしてみるのも良いのではないでしょうか?

この記事を読んで楽天市場のスマホのトップページのこれからについて考えるきっかけになれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!


お問い合わせ

  • IT導入補助金2022
  • IT導入補助金2022