Google for Jobsで求人情報を掲載する方法

投稿日: カテゴリー SEO

Google for Jobsってご存知ですか?

Googleの検索で、「新宿区 バイト」と検索をすると、「求人」っていう枠が出るようになっています。

これが、Google for Jobsの効果です!

日本のGoogleのヘルプページでは、「しごと検索」という名称でサービスが導入されています。

そこで、今回は、Google for Jobsの設定方法を解説していきます!

1.Google for Jobsとは

求職者の求人検索を容易にすることを目的としたGoogle for Jobsは、求人掲示板や求人サイトからのリストを集計してGoogle検索で目立つように表示する拡張検索機能です。

上記画像のように、地域+バイトや仕事で検索をすると「求人」という枠を設けて、グーグルが求人情報のまとめページを作ってくれます。

現在、さまざまな地域(米国や英国を含む)で導入されており、Googleはこの機能の範囲を拡大し続けています。

2019年1月段階で正式にはまだ利用できる地域のリストには載っていませんが、導入自体はされています。

では、実際にそこに表示させる方法について見ていきましょう!

2.求人情報をGoogleに掲載する方法

求人情報を掲載する方法としては、二通りの方法があります。

1つは、Google for jobsに対応している求人情報サイト等に獣人情報を載せてもらう方法です。

これは今までと同じですね。

もう1つが、自分で持っているコーポレートサイト等に、自前の求人情報ページを作成する方法です!

自分のサイトの求人情報を他の求人サイトと同じように表示をさせることができるため、無駄に高い求人広告費や雇用の際の成果報酬などを支払うことなく人を雇うことも可能になります。

以下、自分のサイトの求人情報を直接Google for jobsに対応させる方法についてみていきましょう!

2-1.求人用ページを作成する

まずは、求人情報を掲載するためのページを作りましょう!

ご自身のサイトが、どのような形で作られているのかにもよりますが、htmlで作られている場合に、新しいhtmlの求人情報ページを作成し、ワードプレスで作られrている場合には、固定ページなどで作成をしてください。

2-2.構造化データを追加する

ここからが本番です!

作成した求人情報サイトをGoogle for jobsに載せるために、構造化データを追加する必要があります。

2-2-1.構造化データとは

構造化データとは、HTMLで書かれた情報が何を意味するのかを、Google botに理解できるようタグ付けしたものです。

人間ならばページを見れば、その文字列がどのような意味をもつものなのかがわかりますが、ロボットにはそれを理解することは難しいです。

そこで、あらかじめ決められたフォーマットをもとに、そのような文字データをロボットにも理解できるよう構造化して記述したものが構造化データです。

2-2-2.構造化データを追加する

どこに書くのか(ここからエンジニア向け)
head内でもbody内でもOK。特別指定は無さそうです。

参考情報ですが、既にクロールされている大手求人メディアはbody内の記述が多い印象でした。

以下はコード例(実際に弊社で使っているもの、一部省略)になります。

——————————————————–

<script type=”application/ld+json”> {
“@context” : “http://schema.org/”,
“@type” : “JobPosting”,
“title” : “Webディレクター兼営業”, //職種名
“description” : “<p>弊社はホームページ制作、検索エンジンの上位表示の環境作成、自社メディア運営、広告代理店業、ホームページに関するコンサルティング業など幅広い事業を行っています。<br />そのなかでWebディレクターとして、Webを使った集客戦略やブランディングでお悩みのクライアント様に対し、プロジェクトマネジメントとサービス全体のPR/デザイン/ブランディングを行っていただきます。…</p>”, //募集概要
“datePosted” : “2019-01-25”, //求人投稿日
“validThrough” : “2019-07-25”, //この求人の期限
“employmentType” : “FULL_TIME”, //雇用形態
“hiringOrganization” : {
“@type” : “Organization”, //会社情報
“name” : “株式会社WEB企画”, //社名
“sameAs” : “https://webkikaku.co.jp”, //会社HPのURL
“logo”: “https://webkikaku.co.jp/apple-touch-icon.png” //ロゴ
},
“jobLocation” : {
“@type” : “Place”, //勤務地情報
“address” : {
“@type” : “PostalAddress”,
“addressRegion” : “愛知県”, //件名
“addressLocality” : “名古屋市”, //市町村区
“streetAddress” : “西区名駅3-10-17 IT名駅ビル2号館 3F”, //市町村区以下の所在地
“postalCode” : “451-0045”, //郵便番号
“addressCountry”: “JP”
}
},
“baseSalary”: {
“@type”: “MonetaryAmount”,
“currency”: “JPY”,
“value”: {
“@type”: “QuantitativeValue”,
“value”: 2940000, //基本給与
“minValue”: 2940000, //給与の下限
“maxValue”: 5000000, //給与の上限
“unitText”: “YEAR” //月給・年収・時給など
}
}
}
</script>

——————————————————–

記述の順番はなんでも良さそうです。

それぞれ詳しく解説したいところですが、長くなりすぎるので、まずはコピペして記述変える感じで良いのではないでしょうか。

2-2-3.楮化データのプロパティ

必須のプロパティ
datePosted

Date

雇用主が求人情報を投稿した最初の日付(ISO 8601 形式)。たとえば、”2017-01-24″、”2017-01-24T19:33:17+00:00″ のように指定します。

 
 
"datePosted": "2016-02-18"
description

Text

HTML 形式での求人の詳細な説明。

description では、求人について詳細に説明します(職務、資格、スキル、業務時間、学歴に関する要件、経験に関する要件など)。description と title を同じにすることはできません。

その他のガイドライン:

  • 説明は HTML 形式にする必要があります。
  • 段落を追加するには、<br><p>\n を使用します。
  • 有効なタグには、<p><ul><li>、および見出し(<h1><h5>)などがあります。
  • <strong> や <em> などの文字レベルの形式タグも使用できます。
hiringOrganization

Organization

職位を提供している組織。これには会社名を指定する必要があります(例: “Starbucks, Inc”)。所在地は含めないでください(例: “Starbucks on Main Street”)。例:

 
 
"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com"
}

サードパーティの求人サイトのロゴ

サードパーティの求人サイトの場合、特定の組織について、その組織のナレッジグラフ カードに表示されているロゴ画像とは異なるロゴを指定できます。特定の採用側組織のロゴとして別の画像を表示するには、該当のロゴのプロパティを hiringOrganization 列に追加します。ロゴ画像に関するガイドライン会社のロゴに関するガイドラインに準拠していることを確認してください。例:

 
 
"hiringOrganization": {
  "@type": "Organization",
  "name": "MagsRUs Wheel Company",
  "sameAs": "http://www.magsruswheelcompany.com",
  "logo": "http://www.example.com/images/logo.png"
}
jobLocation

Place

オフィスや作業現場など、従業員の職場となる特定の場所(求人情報を投稿した場所ではない)。できるだけ多くのフィールドを指定します。指定するプロパティが多いほど、ユーザーにとっての求人情報の質が高くなります。例:

 
 
"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "555 Clancy St",
    "addressLocality": "Detroit",
    "addressRegion": "MI",
    "postalCode": "48201",
    "addressCountry": "US"
  }
}

複数の職場

職場が複数ある場合は、配列に jobLocation プロパティを複数追加します。Google は、求職者の質問に基づいて、表示する最適な場所を選択します。

リモートワーク

業務時間中、常にリモートワークする求人の場合、jobLocationType を指定する必要があります。applicantLocationRequirements プロパティを指定する場合、jobLocation は必須ではありません。

title

Text

職務の名称(求人情報のタイトルではない)。たとえば、”Software Engineer”、”Barista” のように指定します。例:

 
 
"title": "Software Engineer"

おすすめの方法:

  • このフィールドには職務の名称のみを指定します。
  • title フィールドには、求人コード、住所、日付、給与、会社名は含めないでください。

    非推奨例: Apply now for IT job -FRENCH speaker in Bucharest

    推奨例: Market Specialist, French speaker

  • 簡潔で読みやすい名称を指定します。
  • 「!」や「*」などの特殊文字を多用しないでください。特殊文字を多用すると、構造化データがスパム行為のある構造化マークアップとみなされることがあります。数値や、「/」、「-」などの文字は使用できます。

    非推奨例: *** WAREHOUSE HIRING NOW!! ON A BUS ROUTE!! ***

    推奨例: Shipping and Receiving Warehouse Associate

  • title の代わりに name を使用しないでください。title プロパティと name プロパティを入れ替えることはできません。
  • サードパーティの求人サイトの場合は、上記のガイドラインに準拠するために職務の名称を変更しないでください(名称が読み取れなくなる可能性があるため)。代わりに、雇用主から指定された名称を指定してください。
validThrough

DateTime

求人情報が期限切れになる日付(ISO 8601 形式)。たとえば、”2017-02-24″、”2017-02-24T19:33:17+00:00″ のように指定します。例:

 
 
"validThrough": "2017-03-18T00:00"

求人情報に有効期限がない場合や、求人情報がいつ期限切れになるかがわからない場合は、このプロパティを指定しないでください。求人情報が期限切れになる前に採用が決まった場合は、求人情報を削除してください

推奨プロパティ
applicantLocationRequirements

AdministrativeArea

従業員がリモートワークを行うために所在する必要のある地域。求人情報には、応募者が特定の地域に所在する必要があることを明記する必要があります。このプロパティは、応募者が 1 つ以上の地域に所在する必要があり、その仕事が完全にリモートワークで行える、または完全なリモートワークが義務である場合にのみ推奨されます。

次の例は、米国内のどこからでもリモートワークできることを示しています。

 
 
"applicantLocationRequirements": {
"@type": "Country",
"name": "USA"
},
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

次の例は、カナダ国内からリモートワークするか、ミシガン州デトロイトにある特定の職場で勤務できることを示しています。

 
 
"jobLocation": {
"@type": "Place",
"address": {
"@type": "PostalAddress",
"streetAddress": "555 Clancy St",
"addressLocality": "Detroit",
"addressRegion": "MI",
"postalCode": "48201",
"addressCountry": "US"
}
},
"applicantLocationRequirements": {
"@type": "Country",
"name": "Canada"
},
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"
baseSalary

MonetaryAmount

雇用主から提示された実際の基本給(概算額ではない)。

QuantitativeValue の unitText には、次のいずれかの値(大文字と小文字を区別)を使用します。

  • “HOUR”
  • “DAY”
  • “WEEK”
  • “MONTH”
  • “YEAR”

例:

 
 
"baseSalary": {
"@type": "MonetaryAmount",
"currency": "USD",
"value": {
"@type": "QuantitativeValue",
"value": 40.00,
"unitText": "HOUR"
}
}

給与の範囲を指定する場合は、value ではなく、minValue と maxValue を定義します。例:

 
 
"baseSalary": {
"@type": "MonetaryAmount",
"currency": "USD",
"value": {
"@type": "QuantitativeValue",
"minValue": 40.00,
"maxValue": 50.00,
"unitText": "HOUR"
}
}
employmentType

Text

雇用形態。例:

 
 
"employmentType": "CONTRACTOR"

次の値(大文字と小文字を区別)から 1 つ以上を選択します。

  • “FULL_TIME”
  • “PART_TIME”
  • “CONTRACTOR”
  • “TEMPORARY”
  • “INTERN”
  • “VOLUNTEER”
  • “PER_DIEM”
  • “OTHER”

employmentType プロパティは複数含めることができます。例:

 
 
"employmentType": ["FULL_TIME", "CONTRACTOR"]
identifier

PropertyValue

求人に関する採用側組織の一意の識別子。

例:

 
 
"identifier": {
"@type": "PropertyValue",
"name": "MagsRUs Wheel Company",
"value": "1234567"
}
jobLocationType

Text

業務時間中、自宅など本人が選択した場所で常にリモートワークする求人の場合、このフィールドに TELECOMMUTE を設定します。jobLocationType を追加するのに加えて、その求人が完全にリモートワークであることを求人情報に明記する必要があります。求人が完全にリモートワークである場合、jobLocationType プロパティは必須です。

要件

  • TELECOMMUTE が設定された求人は、完全にリモートワークでなければなりません。一時的な在宅勤務が許される求人、交渉次第でリモートワークが可能な求人、完全なリモートワークではないその他の業務形態にこの値を設定しないでください。単発または短期の求人であることは、リモートワークであるかどうかには関係ありません。
  • 応募者が勤務する国を 1 つ以上指定する必要があります。推奨される方法は、applicantLocationRequirements を使用することです。このプロパティを使用しない場合、デフォルトで jobLocation の国に設定されます(特定の職場で勤務する選択肢もある場合)。リモートワークの求人に applicantLocationRequirements が指定されていない場合、jobLocation で指定された国のすべての求職者にその求人情報が表示されます。

次の例は、従業員がアリゾナ州ツーソンにある特定の職場で勤務するか、米国内でリモートワークできることを示しています。

 
 
"jobLocation": {
"@type": "Place",
"address": {
"@type": "PostalAddress",
"addressLocality": "Tucson",
"addressRegion": "AZ",
"addressCountry": "US"
}
},
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

注意事項
<その1>
baseSalary部分、 minValue と maxValue (給料の上限と下限)を指定しても value(基本給) に指定がないとプレビューでWarningが出る 。
※弊社は minValue と同じ値を value に記載する対応に

<その2>
忘れがちだが、validThrough(求人情報が期限切れになる日付)の指定がないとこれも Warning となる。

<条件>
・画像は 112×112 ピクセル以上
・画像の URL は、クロール可能で、インデックス登録も可能なものを指定
・jpg、png、gif のいずれかの拡張子で画像を指定

2-2-4.インデックスさせる

sitemap.xmlを利用する
サイトマップのURLをGETリクエストとして追加(パラメーターを付与)し、Googleに新しいサイトマップを送信します。

(例)
http://www.google.com/ping?sitemap=https://webkikaku.co.jp/sitemap.xml

robots.txt に記述したり、HTTPリクエストを利用する方法もありますが、Search Consoleの利用が簡単そうです。

管理画面内を 「インデックス」 > 「サイトマップ」 と移動し、

(例)
https://webkikaku.co.jp/sitemap.xml

と入力し送信すればOK。

推奨しているのは Indexing API の対応ですが、念の為サイトマップの送信もGoolgeは推奨しています。(ややこしい)

以下ヘルプページからの引用です。

その理由は、サイトマップを更新してから Google に ping するよりも、Indexing API の方が早く Googlebot に対しページをクロールするよう指示を出せるためです。
ただしそれでも、サイト全体をカバーするためにサイトマップを送信することをおすすめします。

先程乱暴に説明したように Indexing API で実装すると、アクセス毎にクロールされるため、数千数万と求人情報がある場合、念の為サイトマップのURLも送信しておいたほうが確実だよ、と言いたいんだと思われます。

2-2-5.構造化データをテスト、プレビューする

最後に、作成したページがGoogleに問題なくクロールしてもらえるか、プレビューも含めて確認しましょう。

構造化データテストツール – Google
https://search.google.com/structured-data/testing-tool

以下のような感じで表示されたらOKです。

3.まとめ

いかがでしたか?

ある程度のhtmlの知識があれば、自分で実装することができそうですね。

是非この記事を参考に、Google for jobs を活用してみてください。

 

 


お問い合わせ

  • IT導入補助金2022
     
  • IT導入補助金2022