404エラーとは?|その影響と対処方法、404エラーページの作成方法まで完全解説 

投稿日: カテゴリー 一覧

「404 not found」

WEBページで時々出くわすこの記述。一体なんのことかと不思議に思われている方も多いのではないのかと思います。

その一方、WEBサイトを運営されておられる方にとっては、このような思いを訪問者にさせないことが大切です。

この記事では、404エラーの原因からその影響、さらには404エラーページの作成方法までわかりやすく解説していきます。

それでは始めます!!

1. 404エラーとは

 

404エラーは、

アクセスしようとしているWEBページが移動または削除され、新しいURLへのリダイレクトが実装されていないHTTP標準応答コード

です。

少し難しいように見えますが、簡単に言うと、みなさんが見ているWEBブラウザ(Google ChromeとかInternet ExploreとかSafariとか)が、ホームページがアップされているサーバーに

「このページ見たいから見せて」

と頼んだところ、サーバーから

「そんなページないよ」

と言われることがあります。

この

「そんなページないよ」

が、サーバーの話すサーバー語では、

404エラー「404 not found」

ということです。

 

404エラーが起きる原因は、

  • URLの打ち間違え
  • WEBページが削除された
  • WEBページが移動した
  • WEBページのリダイレクト(ユーザーがあるWEBページにアクセスした際に自動で転送されるように設定されている信号のこと)の設定に誤りがあった

ような場合に起こります。

要するに、

  • ユーザーの打ち間違え
  • リンク切れ

によって、

ユーザーが入力したURLにはその時点でページが存在しない

ということです。

簡単ですね。

2. 404エラーの影響 

2-1. ユーザーへの影響

それでは次に、404エラーの影響について見てみましょう。

404エラーは上で見てとおり、「ユーザーが入力したURLにはその時点でページが存在しない」というサーバーからのメッセージですので、ユーザーには何の影響もありません。

このような場合、ユーザーは、

  • URLの入力ミスの恐れがあるため、もう一度URLを見直す
  • 稀にサーバー側の理由で問題がない場合にも404エラーが表示される場合があるので、「F5」を入力してリフレッシュする。
  • WEB ページの上の階層に遡って、そこから辿ってみる

などをして、本来あるべきWEBページがあるかどうかを調べます。

2-2. SEO上の影響

それでは、404エラーページが存在しているということは、SEO上WEBサイトに不利益はあるのでしょうか。

404エラーのSEO上の影響について、Gooogleは次のように述べています

 

 

404 エラーのほとんどは、そのサイトの Google 検索結果でのランキングに影響を及ぼすことはないため、エラーを無視しても問題はありません。

多くの(ほとんどの)404 エラーは修正しなくても問題はありません。

 

つまり、仮にリンク切れをしていたとしても、SEO上問題はなく、またユーザーが打ち間違えをして404エラーページが表示されたとしても、それはユーザー側の問題であるため、WEBサイト側には何の責任もないため影響はしません。

GoogleのGary illyes氏のこの点についてtwitter上にて確認しています。

 

404エラーがWEBサイトに何らかのペナルティーを与えると思っている人がいたら、それは完全に間違っています

 

よって、404エラーの直接的なSEO上の不利益はありません。

 

3. 404エラーページの作成の必要性 

もっとも、404エラーがユーザーにとって、全く影響がないとは言えません

404エラーとなった場合、サーバーのデフォルト状態のユーザーへの表示はこのような形になっています。

 

 

 

この表示が一般のユーザーに表示された場合には、ユーザーはこのWEBサイト自体が存在しないと勘違いしたり、このWEBサイトは危険なものと思わせてしまう危険性があります。

仮にこの404エラーの表示がユーザーのURLの打ち間違えによるものであったとしても、このように勘違いされてしまうことによってせっかく訪れたユーザーを逃してしまうことになります。

また、せっかくページを訪れたのにこのような表示をされてしまうことでストレスを感じたり、中には怒ってしまう人もいるでしょう。

そうであれば直接的に404エラーページがSEO上影響がないといっても、問題がまるでないということにはなりません。

ちなみに、本サイト「うるチカラ」の404エラーページは、下記のようになっています。

 

 

シンプルでもこのように404エラーページを作っておく方が、ユーザーをびっくりさせることもないですし、検索やリンクを辿って他の記事を訪問してもらえる可能性も高まります。

404エラーページを作っておくWEBサイトが多いのはそのためです。

4. 404エラーページの作成方法 

それでは、404エラーページの作成方法について見ていきましょう。

以下、デザインとアップ方法に分けて述べていきます。

4-1. 404エラーページのデザイン

404エラーページをオリジナルで作る目的をまとめると、

  • ユーザーをびっくりさせない
  • ユーザーにストレスを与えない・怒らせない
  • ユーザーにWEBサイトが存在していることを伝える
  • ユーザーに次の行動に移りやすくする

の4つです。

また、さらに発展的な使い方としては、ピンチをチャンスに変える的な、

凝ったデザイン遊びゴコロ溢れるようなページ

を作っているようなWEBサイトもあります。

 

業務効率化アプリslackの404エラーページ

とても美しい404エラーページです。

 

プラチナゲームゲームズ株式会社の404エラーページ。

なんとゲームができます!

 

 

工夫の仕方で404エラーページもWEBサイトの強みに変えることまでできるのです。

4-2. 404エラーページのアップ方法

デザインが完成したら、あとはサーバーに上げる作業です。

.htaccessというファイルを使って、404エラーの時に作成したページを表示させます。

 

まず、デザインを作成します。

 

今回は、ファイル名は404.html

とします。

 

次に、.htaccessファイルに(なければテキストエディタやメモ帳で.htaccessファイルを作ります)、

 

ErrorDocument 404  /404.html

 

と記述します。

 

そしてFTPなどでサーバー上にアップすればOKです。

 

htaccessについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

htaccessとは?|基礎知識から設定方法まで完全解説

 

なお、ワードプレスの場合には404エラーの場合にはindex.htmlに転送されるようにデフォルト設定されています。404.phpというファイルが404エラーのテンプレートファイルですので、オリジナルの404エラーページを作成された場合には、こちらのファイルを書き換えてください。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

404エラーページはできればオリジナルで作成しておいた方が良さそうですね。

ぜひこの記事を参考に、404エラー対策を行ってください。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました!

 


お問い合わせ

EC-FORTUNE

EC-FORTUNE