【最新】モバイルファーストインデックス(MFI)とは?基礎知識からQ&Aまで完全解説

投稿日: カテゴリー SEO, 一覧

2018年3月27日についに日本でも開始のアナウンスがなされたモバイルファーストインデックス。

これまでもSEOの世界ではモバイルフレンドリーなど、スマートフォンサイトのユーザビリティーがランキング要素として取り入れられてきましたが、ついにこのモバイルファーストインデックスの開始によって、SEOの舞台は完全にスマートフォンサイトに移ることになります。

SEOに取り組む私たちは、これからモバイルファーストインデックスについてしっかり理解しておかなければなりません。

この記事ではモバイルファーストインデックスについて、基礎知識から対策、Q&Aまでがっつりまとめてみました。

最後までお読みいただければモバイルファーストインデックスの全体像をご理解いただけるはずです。

それではさっそく始めます!

1.モバイルファーストインデックスとは? 

 

モバイルファーストインデックス(MFI)とは、文字どおり、

モバイル、すなわちスマートフォンサイトが最初にインデックスされ、それがランキング決定要素の基礎になる

というものです。

モバイルファーストインデックスが開始されることによって、スマートフォンの検索ロボット(googlebot)のトラフィックが増加し、スマートフォンページがキャッシュされることになります。

もっとも、モバイル『ファースト』インデックスという名の通り、スマートフォンページだけがインデックスされるわけではありません。

ファースト』、つまりスマートフォンページが最初にインデックスの対象になるのであって、例えばスマートフォンページを持っていない場合には今までどおりPCサイトがインデックスされることになります。

もっとも、この場合、スマートフォンサイトがないということはランキングの上でマイナス評価をされる可能性があります。

一方、最適化されたスマートフォンサイトを持っている場合には、PC検索で優遇されます。

2.モバイルファーストインデックスが与える影響

 

モバイルファーストインデックスがあなたのWEBサイトに与える影響の可能性は次の通りです。

  • スマートフォンサイトがない場合にはインデックスされないということはありません。これまでどおりPCサイトがインデックスされます。ただし、キングにおいて不利益を被る恐れがあります。
  • WEBサイトがレスポンシブデザインで作られている場合、特に影響はありません
  • PCサイトとスマートフォンサイトが別々のURLであった場合、インデックスされるWEBサイトがPCサイトからスマートフォンサイトに変わります

その結果、スマートフォンサイトがPCサイトよりも品質が低い場合、ランキングにおいて不利益を被る恐れがあります。

一方、スマートフォンサイトがPCサイトと同等の作り込みがなされている場合、特に影響がありません。

  • PCサイトとスマートフォンサイトが別々のURLであった場合に注意すべきもう一つの点は被リンクです。被リンクのリンク先がPCサイトのURLになっている場合には、モバイルファーストインデックスによりインデックス先スマートフォンサイトになるため、ランキングにおいて不利益を被る恐れがあります。

3.モバイルファーストインデックスへの対策

あなたのWEBサイトがレスポンシブサイトである場合、もしくはスマートフォンとスマートフォンページの内容が同等である場合には、モバイルファーストインデックスが開始されたからといって特別に何かをする必要はありません。

もっとも、スマートフォンページのユーザビリティ(モバイルフレンドリー)や読み込み速度(スピードアップデート)など、GoogleがSEOについて要求する事項はモバイルファーストインデックスのみではないので、注意が必要です。

一方、あなたのWEBサイトのスマートフォンサイトがPCサイトに比べて劣っている場合には以下の項目のチェック・修正が必要です。

  • コンテンツ:PCページと同等のコンテンツになるようにしてください。テキストや写真、動画などがきちんと含まれていてかつクロール・インデックスできる状態か確認が必要です。

 

  • 構造化データ:スマートフォンページとPCページ両方に構造化データマークアップを施さなければなりません。

 

  • メタデータ:タイトルタグとメタタグが全てのページで同等になっているかを確認します。モバイルとPCの表示の違いから、文字数の調整などはして問題ありません。

 

  • ソーシャルデータ:twitterやfacebookのソーシャルメタデータはスマートフォンページ・PCページ両方に必要です。

 

  • サーチコンソール:PCのみではなくスマートフォンページの確認も必要です。

 

  • XMLサイトマップ:こちらもPCのみではなくスマートフォンページの確認も必要です。

4 .Q&A 

以下、モバイルファーストインデックスについての一般的なQ&Aについて記載します。

  • Googleはランキング要素を決定するためにスマートフォンページのみを使いますか?

スマートフォンページが主要な決定要因となりますが、PCページも考慮されます。例えば、PCページがないような場合などです。またこのような場合ではなくとも、PCページの各種要因はランキングの判断材料に使われる可能性があります。

 

  • もしスマートフォンページがない場合、どのようになりますか?

PCページがインデックスされます。この場合、ランキング上低評価を受ける可能性があるのは前に述べた通りです。

 

  • モバイルファーストインデックスはいつから適用されますか?

日本では2018年3月27日に、モバイルファーストインデックスの開始が宣言されました。

 

  • レスポンシブサイトとスマートフォンサイト・PCサイトがそれぞれ別々の場合のSEO上の違いは何ですか?

レスポンシブサイトの場合にはPCページと同等のコンテンツがスマートフォンページに含まれています。

よって、この場合にはページスピードや読み込み時間、ユーザビリティーなどを改善していくことがSEOにとって必要になります。

一方、スマートフォンサイト・PCサイトが別々の場合にはスマートフォンにPCサイトのコンテンツが全て含まれているのかどうかについてまず取り組まなければなりません。

 

  • GoogleはスマートフォンとPCそれぞれ別々のインデックスを取るのでしょうか?

インデックスは一つです。これまではPCのインデックスをベースにランキングを行なっていましたが、モバイルファーストインデックスによってこれがスマートフォンをベースに切り替わるということになります。

 

  • モバイルファーストインデックスはSEO上どのようなインパクトがありますか?

Googleのゲイリー・イリス氏はモバイルファーストインデックスを「2018年で最大の検索の変化である」と述べています。

モバイルファーストインデックスはまだ始まったばかり。これから様々な検索順位の変更が予想されます。

5 まとめ 

いかがでしたでしょうか。

「モバイルファースト」(PCよりもスマートフォンを重視するという考え方)が提唱されて久しいですが、モバイルファーストインデックスの開始によっていよいよ本格的にモバイルからSEOを考えるという時代がきました。

やはりGoogleも薦めるレスポンシブサイトの方がSEO上はだいぶ良さそうですね。

ぜひこの記事を参考に、モバイルファーストインデックス対策をしっかり行なっていただければと思います。

なお、「インデックス」「ランキング」等検索エンジンについてより深く学ばれたい方は

検索エンジンの仕組み | 検索順位を決める3つの要素と対策をご覧ください。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました!


お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。