アンカーテキストのSEO上の重要性と効果的な書き方

投稿日: カテゴリー SEO, SEOの基礎知識

アンカーテキストが、SEOにとって重要だと一度は聞いたことがあると思います。

しかし、「アンカーテキストはSEOにどのような効果があるのか」「アンカーテキストの書き方がわからない」などの疑問を持ってはいませんか?

そこで、この記事では、これから、あなたがアンカーテキストについて理解し、SEOの効果を得られるようになるために、次の3つの点について説明します。

  • そもそもアンカーテキストとは何なのか?
  • アンカーテキストのSEO上の意味と重要性
  • アンカーテキストの効果的な書き方

この記事を参考に、アンカーテキストの重要性を理解し、実践していただければと思います。早速見ていきましょう。


1.アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、「あるページから他のページにリンクをする際の文言」のことです。

以下のように a タグで挟まれているため、アンカータグと呼ばれることもあります。

<a href=”URL>アンカーテキスト</a>

このアンカーテキストですが、実は様々なパターンがあります。よく見かけるパターンをまとめてみましたので、ご確認ください。

アンカーテキストの種類のイメージ画像

「完全一致」は、キーワード(=SEO対策)とアンカーテキストが完全に一致しているパターンです。「部分一致」は、キーワードとアンカーテキストが部分的に一致しているパターンです。

「ブランド」:は、ブランド名(サイト名)などがアンカーテキストになっているものです。「URL」や「一般的な用語」は分かりますね。

最後の「LSIワード」は、キーワードの同義語や共起語(関連する文言)を使用したアンカーテキストです。

それでは、これらのようなアンカーテキストは、SEO的にどのような意味があるのでしょうか?

2.アンカーテキストのSEO上の意味と重要性

まず、アンカーテキストのSEO上の意味からお伝えします。

2008年、Google創設者Sergey BrinとLarry Pageは、論文でアンカーテキストについて次のように説明しています。

The text of links is treated in a special way in our search engine. Most search engines associate the text of a link with the page that the link is on. In addition, we associate it with the page the link points to. This has several advantages. First, anchors often provide more accurate descriptions of web pages than the pages themselves.Second, anchors may exist for documents which cannot be indexed by a text-based search engine, such as images, programs, and databases. This makes it possible to return web pages which have not actually been crawled.

引用元:The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine

この論文の中で言及されている、アンカーテキストの重要ポイントは、次の通りです。

  • アンカーテキストは、WEBページそのものよりもWEBページの内容を正確に表現している場合がある。
  • アンカーテキストは、まだ検索エンジンがクロールしていないページの存在を教えてくれる。

つまり、Googleは、リンク先のページの内容を把握(=評価)するために、アンカーテキストをかなり重要視しているということです。

そのため、アンカーテキストを正しく活用すると、大きなSEO効果を得ることができます。

下の表を見てください。これは、検索順位で1位のページで、キーワードを含んだアンカーテキストがあるものとないものの割合を示した表です。

キーワードを含んだアンカーテキストがあるものとないものの割合の図

引用元:A Data Driven Guide To Anchor Text (And Its Impact On SEO)

この図から、検索で上位に表示されるには、少なくとも1つ以上ののキーワードを含んだアンカテキストが必要なことがわかります。

次の図は、アンカーテキストの数と検索順位の結果を示しています。

アンカーテキストの数と検索順位の結果を表した図

引用元:A Data Driven Guide To Anchor Text (And Its Impact On SEO)

この図の各項目は、次のように意味しています。

  • partial:キーワードとの完全一致
  • exact:キーワードとの部分一致

このグラフでは、検索で上位に表示されるほど、より多くのドメインから、完全一致、または部分一致のアンカーテキストが貼られていることを意味しています。

こう言うと、「別に自分たちでサイトを作って、最適なアンカーテキストで、本命サイトにたくさんリンクを貼ろう!」と考える方も出てくるかもしれません。

しかし、それは最悪な手段です。

以前は、アンカーテキストに、やたらめったらキーワードを詰め込んだり、隠しリンクと言って、ページの内容と関連性のない他のページへのリンクを、ユーザーに見えない形で貼りまくるというブラックハットSEOの手法が猛威を奮っていました。さらに、ページランクの高いサイトは、アンカーテキストを最適化したリンクを売ることで、荒稼ぎしていたという例もあります。

これでは、検索の世界は、劣悪なコンテンツばかりになってしまいますね。そこで、2012年、Googleはペンギンアップデートを実施しました。

ペンギンアップデートとは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に違反しているサイトの掲載順位を下げるためにGoogleが実施した対策です。

これにより、上述のように、アンカーテキスト周りでブラックハットSEO行っていたサイトは一気に圏外へと落ちました。

その際、Googleは、アンカーテキストやリンクの設定について、次のガイドラインを掲げています。

・PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。

・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。

・アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。

・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

引用元:リンク プログラム

このような背景があるので、ホワイトハットSEOに徹して、どうすれば、最適なアンカーテキストでリンクを貼ってもらえるかを考えましょう。

3.アンカーテキストの効果的な書き方

今までは、アンカーテキストがどのようにSEOに関係するのかを説明してきました。アンカーテキストを正しく使用したら、SEOに効果があることは、みなさんわかっていただけたと思います。

「では、具体的にどのようにアンカーテキストを書けば良いのでしょうか」

それは、Googleが、「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」で具体的なアンカーテキストの書き方を教えてくれています。

ここでは、その内容に則り、アンカーテキストの効果的な書き方をお伝えいていきたいと思います。

3-1.アンカーテキストで避けるべき7つのこと

まず、アンカーテキストを作成する前に、どのようなものを避けるべきなのかを理解しておきましょう。

下記に記載しているのは、Google公式に発表しているアンカーテキストで避けるべき方法です。

  • 「ページ」、「記事」、「ここをクリック」などの一般的なアンカー テキストを記述する。
  • リンク先のページのテーマから外れたテキストや内容と関連のないテキストを使用する。
  • ページの URL をアンカー テキストとして使用する(ただし、新しいウェブサイトのアドレスを宣伝したり参照したりする場合など、このような使い方が適当なケースもあります)。
  • 長いアンカー テキスト(長い文、テキストから成る短いパラグラフなど)を記述する。
  • リンクを通常のテキストのように見せる CSS やテキストのスタイルを使用する。
  • 検索エンジン向けに過度にキーワードが挿入されたアンカー テキストや長いアンカー テキストを使用する。
  • ユーザーのサイトのナビゲーションに役立たない不要なリンクを作成する。

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

もし、ここに書かれている方法を使用していた場合は、SEOで正しい効果を得られていない可能性が非常に高いです。次の項目を読み、正しい方法で作成しましょう!

3-2.効果的なアンカーテキストためのポイント

効果的なアンカーテキストを書くことは、非常に簡単です。

上で伝えたことの反対のことを行うだけで良いのです。まとめると次のようになります。

  • 一般的な用語を避けること
  • リンク先に関連した情報を入れること
  • 基本的にURLは直貼りしないこと
  • 短くてわかりやすく書くこと
  • リンクとわかるように設定すること
    ※文章の文字は黒色でリンクの色は青色に変えるなど
  • キーワードを詰め込み過ぎないこと
  • ユーザーがよりサイトを使いやすくなるように設置すること

アンカーテキストを使用するときは、この7つを意識して取り組んでください。

まとめ

いかがでしたか?

アンカーテキストのSEOにおける重要性は理解していただけましたか?

ぜひ、今回の記事を参考にアンカーテキストを使いこなして下さい。


お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。