ShopifyでできるSEO施策とは?

投稿日: カテゴリー Shopify

ShopifyはSEOに関する様々な機能も標準装備されています。ここではShopifyのSEOに関する概要について見ていきましょう。

1.SEOとは?

SEOは、日本語で「検索エンジン最適化」といい、ネットショップにとって大変重要な集客施策のうちの一つです。

GoogleやYahoo!JAPANをはじめとした検索エンジンからの流入客を獲得するには、ネットショップの各ページが、ショップに興味があるユーザーが検索するキーワードで検索結果の上位に表示されていることが必要です。

ユーザーは上位に表示されてあるページを見る傾向にあり、10ページ目とか100ページ目などの下位に表示されているページまで見るユーザーはほとんどいないからです。

SEOは、「適切なキーワードで検索結果1ページ目以内(10位)に表示されること」と定義することができます。

独自ドメインのネットショップで成功しているお店の多くが、SEOで上位表示に成功しています。そしてそれはShopifyでのネットショップ運営においても同様です。

2.SEOに必要な3つの要素

seminar-_presentation2

それでは、具体的にSEOを行うにはどのような作業が必要なのでしょうか?

以下3つの要素に分けて説明します。

①キーワード調べ

まず、自分のストアの見込み客がたくさんいそうなキーワードを調べる必要があります。仮に1位で表示されたとしても、そのキーワードがストアに全く関連性のないキーワードだったり、誰も見ていないようなキーワードだったりでは何の意味もありません。

キーワードは、キーワードツールやgoogleの関連ワードなどを使って調べる必要があります。

②コンテンツ作り

各ページに対象となるキーワードを決めたら、そのキーワードですでに上位表示されているページに負けないような内容のページを作ります。キーワードは基本的には1ページ1キーワードが基本です。

③内部施策

検索順位を判断するのは検索エンジンのロボットです。検索エンジンにきちんと内容が伝わるようにHTMLを始めとしたWEBページの構造をしっかり整え、検索エンジンに内容を伝えます。人間の目で見て良いページでも、内部構造がしっかりできていなければロボットに内容を伝えることができないため、SEOを成功させることはできません。

内部施策もキーワード調べやコンテンツ作りと同じように重要です。

なお、SEOは基本的には自社でやるべきものです。検索エンジンは「ユーザーにとって有益なページ」を基準にランク付けを行います。素人が作ったページはすぐに検索エンジンに見抜かれてしまいます。業者に丸投げしないでなるべく自社で行いましょう。

3.ShopifyにおけるSEO

ShopifyがSEOに強いと言われる理由は、③の内部施策のベーシックな内容をどのプランでも行うことができるからです。また、アプリをインストールすることによってより効率的なSEOの実現が可能となります。

Shopifyの基本機能で可能なSEOは次の通りです。

①タイトルタグ・メタディスクリプション・ページURLの編集

タイトルタグはページの題名を、メタディスクリプションはページの概要を伝えるもので、各ページそれぞれにオリジナルなものを設定する必要があります。Shopify以外のシステムだと全てのページに同じものしか入らないというようなものもあります。ページURLもシステム側に自動で割り振られたランダムなものではなく、独自にURLを決めることが可能です。URLの文字列もページの内容に即したものであるのがSEO的には理想です。

②alt属性・画像ファイル名の編集

alt属性及び画像ファイル名は画像の内容を検索エンジンに伝えるものです。画像の内容を検索エンジンに正しく伝えることはSEOにとって重要であり、また画像検索の検索結果にも表示されやすくなるためにそこからの流入を期待することができます。

③sitemap.xmlファイルとrobots.txtファイルの自動生成

sitemap.xmlは検索エンジンにページ全体のURL構造を伝えるためのものです。また、robots.txtは検索エンジンがページを訪れた際の巡回を管理するためのものです。共に自動生成され、検索エンジンのスムーズな情報収集をサポートします。

④ブログ機能

Shopifyにはブログ機能がついています。ブログにユーザーにとって有益なコンテンツを作成していくことによって、作成した各ページが集客の窓口の役割を果たしてくれます。商品ページには設定できないけれども見込み客がいるキーワードのコンテンツをブログを使って作成していくことは重要です。ブログについてはあとで詳しく見ていきます。

4.アプリ

SEO対策のアプリは海外のものがほとんどですが、様々なものがあります。

ここではSEOの代表的なアプリとして「SEO Manager」を紹介します。

SEO manager

 

価格     :月額20ドル(7日間の無料体験あり)

開発元    :venntov

日本語サポート:なし

このアプリではSEOの内部施策、例えばタイトルタグやメタタグの最適化やスピードアップデートへの対策等をサポートしてくれます。

その他にも様々なアプリがあるので、レビューをチェックしたり無料体験を利用して最適なものを利用するようにしてください。

以上になります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!


お問い合わせ

  • IT導入補助金2022
     
  • IT導入補助金2022